ようこそ富士見高原へ

大会概要

  • HOME »
  • 大会概要

大会概要

■大会名称 : 富士見高原全国八ヶ岳クロスカントリー大会
■主  催 : 公益財団法人勤労青少年躍進会
■共  催 : NPO法人富士見町体育協会・富士見町富士見高原リゾート(株)
■主  管 : NPO法人富士見町体育協会陸上競技部
※後援各社
■大会開催趣旨
この大会は、この地で過去30年間開催された全国勤労青少年10マイルロードレース大会を記念し、末永くその精神を継承する大会である。

メモ:全国勤労青少年10マイルロードレース大会とは労働省(当時)、県、町、民間が4者で共催。昭和49年から始まり30回大会を最後に閉幕。全国42都道府県から500人余りの参加があるなど幅広く勤労者に浸透した大会であり、勤労青少年の福祉の増進に寄与した。

大会ロゴマーク

logo2

八ヶ岳に広く生息する「ニホンジカ」をモチーフにデザインしました。
お気付きの方もいらっしゃると思いますが、八ヶ岳の山麓道路ではよく「鹿飛び出し注意」の標識を見かけます。JR線でもたびたび鹿と衝突してダイヤが乱れることもあります。
10kmコース折り返し地点付近では鹿を見かけるかも?(危害は加えないので安心ですよ。)

sika

 地元共催者からご挨拶

 この大会は、過去30年の永きにわたりこの地で行われた「全国勤労青少年10マイルロードレース大会」を継承する事業として発足しました。その中心となってご尽力を頂いた(公財)勤労青少年躍進会のご理解のもと、この大会もNPO法人富士見町体育協会と共に主催団体として支援 して頂いております。
 地元富士見町の幼児や家族をはじめとする本当の素人から、健脚を世に示さんとするアスリートまで幅広い年齢層が集まる大会こそが私たちの求める姿です。
 参加をされる各方面の皆さんからの要望をできる限り加え、数多くのコースを段定してあります。
 小さな開催主体ですから、派手で格調の高い催しはできませんが、心を尽くし温かいおもてなしをしようと考えております。なによりも八ヶ岳という大自然に抱かれ、澄みきった空気の中で走れることのすばらしさを十分に満喫して頂ければ幸いです。
 コースの設定の上からこれ以上の規模にすることは考えておりませんが、回を重ねる毎に更に充実した親しまれ記憶に残る大会にしようと心がけています。

 富士見高原は、遅く4月に雪が解けて、ゆっくりとした春が続きます。短い夏はカラリとした空気と青空をもたらし秋へとむかいます。どうぞこれをご縁にフルシーズン当富士見町にお越しいただき、季節に合ったアバンチュールに接して頂ければと思います。(富士見町体育協会)

お気軽にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP